Baberaロゴ(塔のみ).jpg

>>>>> BABERA02 : V.A. - verbena (for john and sarah)

>>>>>>>

[ZINE]

バベルの塔の時代

台湾放浪日記

ノランナラン。 韓国と共に

​夢を形づくるもの

[tracklist]​

Chiriziris - GOODMORNINGLAND.

middle cow creek falls - REM

KwonTree - LOVE IN CAMPUS

PRETTY THREE - GINZA SEX

middle cow creek falls - nostalgia of when you open the door (Joni Void Remix)

吉田和史 - 明日へ (bar toilet mix)

dysfreesia + mihau - por se quotes

>>>>>>>>> Bandcamp

directed, edited by nozomu hirano 
design by tomoko kinugawa 

pieces : 

akari hiroshige 

Chiriziris 

izumi gibo 

Joni Void 

kazushi yoshida 

KwonTree 

middle cow creek falls 

mihau 

osamu kobayashi 

PRETTY THREE 

sasha 

tomoko kinugawa 

yushi kamiyama 

 

and you, gracias 

dedicated to : 

john luther long 

sarah jane correll 

sumi and her grandmother

​---

━あなたにも問うてみたい。否、問わずにはいられないのだ。

この世界に果たして、違和のない物語や人生など

存在することが出来るのであろうか、と。

距離と愛情の物語たち、それにまつわる音楽と言葉がここに集まりました。

「とある土地を内側から見ること / 外側から見ること」をテーマに掲げた

ZINEとコンピレーションアルバムをコンパイル。

ZINEには台湾 / 韓国 / 日本を巡る手記を収録しています。

執筆者としてmiddle cow creek fallsBUZZY ROOTSakariizumi

そしてChirizirisのボーカリスト=Sashaに参加頂きました。

コンピレーションアルバムには7曲を収録。

新宿を拠点に活動するうつむき系のカリスマSSW=吉田和史、

ポストパンクとノイズロックの奇形児=PRETTY THREE

日本とシンガポールを横断するポストモダンな遠距離バンド=Chirizirisがそれぞれ楽曲を提供。

さらには『grft』(BABERA01)の制作を担当したアンビエント作家=middle cow creek fallsによる新録のピアノ楽曲に、

一般発売としてはバンド初となるdysfreesia + mihauの楽曲"por se quotes"も収録しました。

吉田和史とdysfreesia + mihauの新録曲はKlan Aileenの松山亮が録音・ミックス・マスタリングを担当しています。

さらには海外の音楽家も参加してくださいました。

Godspeed You! Black Emperorを擁するConstellation Records所属のカッティングエッジなカメラトロニカアーティスト=Joni Voidによるリミックス曲(マスタリングはあのFoxes In FictionことWarren Hildebrandが担当)、先日韓国大衆音楽賞にノミネート・昨年の日本公演も大好評だった韓国のSSW=KwonTreeによる長編楽曲である"LOVE IN CAMPUS"をそれぞれ収録しています。

混迷を迎える現在における小さな光として、

​この作品があなたと共にあることを願っています。

verbena正ジャケ.jpg